養生膳(ようじょうぜん)とは・・・

    薬膳は、漢方薬の入った薬臭いお料理というイメージが強いかもしれません。
    薬膳とは中国医学の理論に基づいて、食物、生薬の性質や作用を活かし、一人ひとりの健康維持、強身、疾病の予防、治療の促進、老化予防を目的に作られたお食事をさします。
    (食物の性質や作用とは、きゅうりは体を冷やし、利尿作用があるなどの事です。)

    どんな状態に体があるかという事を考慮し、例えばお腹が冷えていているのであれば、お腹を温めてくれるような香辛料を利かせたお料理をお勧めします。
    また、心と体の関連性も考えて作ることも重要視しています。

中医学の基本思想

    中国医学とは、中国古代哲学を思想基盤とし、発展させたものです。
    この基盤となっているものが、唯物論、陰陽五行説、整体観念です。

唯物論

  世界は基本的な物質(原子など)から成り立っており、その要素の相互作用によって森羅万象が説明できるという考え。
    (天の気と地の気の融合によって万物は生じ、人間も万物の中の一つであり、自然全体の結果であると考え、生命(精)も
      物質から成り立っていると考えている。

陰陽

  世界は気という物質からできており、相対する陰養の二つの気が統一されて万物は生じたと考えられており、すべて陰と陽の二つの要素から成り立っているという概念。また、この相互の関係によって、バランスがとられている。

五行

  陰と陽が混じり合い、さまざまな物質が構成されていく中で、基本となる特性を、五つに分類しあらゆる物質や事象(自然界・人体をも含む)を木・火・土・金・水という五元素に帰属させました。

五行分類表

  五行学説とは、さまざまな物質の基本の特性を五種類木火土金水に分け、この五元素に帰属させて考え、中国医学の陰陽学説と並ぶ基礎理論です。
五行
五季 長夏
五方 西
五気 湿
五色
五味
五化
五臭
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五体
五官
五液 唾(尿)
五華
五声
五志



春    主な気は風
五臓  肝

  寒い冬から、温かい春になるので、いままでキュッと寒さでしまっていた身体が緩み、動き出す季節です。陰気より陽気が多くなってきます。
温かい気は上りやすいので、心身ともにバランスがとりにくくなり、めまい、ふらつき、イライラ、目の充血、身体にカがはいらないなどという、疲状が出やすくなります。これは、肝の働きが活発になりすぎてしまったりすること、そして春には舞い上がる嵐が吹くことも、原因となります。
ですので、肝の働きを平常にする食材、陰を補う食材、そして酸味をうまく利用して体調を整えましょう。

平肝作用のある食材

  セロリ、せり、クコのみ、菊の花、金針菜、貝類など。

滋陰作照のある食材

  小麦、えんどう豆、緑豆、くろまめ、きくらげ、ほうれん草、青梗菜、百合根、山芋、杏、 あさり、あわび、いか、帆立貝、かに、はも、鴨肉、豚肉、卵、ピータン、蜂蜜など。
  春から夏にかけて、冬に寒さに耐えるために貯めたものを、一度リセットする季節でもあります。鎮静作用、解毒作用のある、春の山菜もうまく、取り入れましょう。
また、安神作用のある食材も、気分の落ち着かない時に。

夏    主な気は暑
五臓  心

  陽がさんさんと照り、最も陽気が盛んになり、暑い季節です。体は、暑さから休を守るため、体温を下げようと汗をかきます。汗をかくと、体に必要な水分を消耗し、そして汗と一緒に「気」も出てしまいます。
また、熱いと、心拍数も早くなり、心も疲れてしまいます。
すると熱中症、だるい、目眩、貧血などになりやすくなります。
ですので、体の熱を冷ます食材を選び、体の水分を補う食材を取り、清熱、解毒作用のある苦昧をうまく利用しましょう。 暑さでイライラしたり、精神的にも不安定になったりするので、心神を安定させる食材も取り入れましょう。
また、汗をかくと、気を消耗し、元気もなくなりがちなので、気も補うと、夏パテ予防と なります。

熱を冷ます作用のある食材

  小麦、黍、小豆、緑豆、はと麦、豆腐、トマト、きゅうり、空心菜、もやし、白瓜、冬瓜、なす、ごぼう、ジュンサイ、キウイ、すいか、なし、パイナップル、メロン、マンゴ、パパイヤ、バナナ、蟹、鮑、蜆、ハマグリ、わかめ、のりなど。

体の水分を補う作用のある食材

  豆腐、緑豆、くず、きゅうり、くわい、きくらげ、冬瓜、トマト、はす、梅、キウイ、スイ力、 なし、バナナ、パイナップル、メロン、桃、レイシ、レモン、柿、りんご、ぶどう、白きくらげ、やまもも、ざくろ、牛乳など。

心神を安定させる作用のある食材

  小麦粉、蜂蜜、鶏卵、鶉の卵、豚の心臓、連子、棗、百合根など

秋    主な気は燥
五臓  肺

  秋は、天地の気が引き締まり、空気が乾燥してくるので澄み渡る気持ちのよい季節です。が、乾燥は、肌などを乾燥させるだけではなく、呼吸をしている肺に直接入ってきます。
肺は潤いを好むもの臓器で、「燥」の邪気に悩ませられると、咳、風邪を引きやすくなります。
肺の働きは、気血水を全身にめぐらせる働きをしています。体を外邪から守り、臓器の働きをまもる気血水がうまく体にめぐらなければ、体の中も体表も保護できなくなり、風邪を引きやすくなったり、乾いた咳、免疫力低下、肌の乾燥の原因にもなります。
乾燥から体を守る滋陰、潤操作用のある食材、肺の働きを助ける食材をとり、気血水のめぐりを良くする辛昧の物を適度に取り、体調を整えましよう。

潤燥作用のある食材

  大豆、空豆、豆腐、ほうれん草、キュウリ、クレソン、木耳、くわい、梨、リンゴ、びわ、バナナ、松の実、アーモンド、ピーナッツ、百合根、杏仁、オリーブ、豚肉、白魚、ツバメの巣、牛乳、バター、卵、蜂蜜、ゴマ油、白ゴマなど。

滋陰作用のある食材

  山芋、緑豆、黒豆、白きくらげ、黒きくらげ、白菜、ほうれん草、青梗菜、百合根、あんず、なし、ぶどう、牛乳、卵、あさり、いか、くらげ、牡蠣、鮑、豚肉、桑の実、蜂蜜など。

補肺作用のある食材

  銀杏、百合根、胡桃、はと麦、にら、大根、紫蘇、葱、玉葱、はと麦、生菱、 菊花、柿、なし、びわ、みかん、梨、蜂蜜、シナモン、杏仁、陳皮、山薬など。

冬    主な気は寒
五臓  腎

  寒さは、体を冷やし、また、体はきゅっと引き締めます(収斂性、凝滞性)。
きゅっと引き締められると、毛穴も締まり、夏は汗と尿で水分代謝していたものが、主に尿に頼ることになり、腎の働きが、活発になります。また、寒さにより腎の陽気を損ないやすくなります。
その結果、手足、お腹が冷えたり、体のこり、筋のひきつれ、気と血のめぐりが悪くなるなどの症状が出やすくなります。
また、お手洗いが近くなったり、冷えによる足腰の痛みなは、腎の陽気を損なった時 に出やすい症状です。 それには、温補、温陽、補腎の作用のある食材をとり、腎の働きを補う鹹味の物も程よく取り、体調を整えていきましょう。
腎は、先天の気、後天の気を蔵しているところなので、この季節をうまく乗り越えられないと、老化にもつながりやすいので気をつけましょう。

体を温める食材、陽を補う食材

  胡桃、葱、韮、生菱、からし菜、マッシュルーム、にんにく、栗、牛肉、鶏肉、ラム、 海老、さけ、らっきょう、山薬、黒砂糖、乾姜、紅花、杜仲、肉桂、冬虫夏草、葛根など。

腎の働きを助ける食材

  栗、胡桃、ぶどう、黒ごま、キャベツ、さやいんげん、韮、黒豆、桑の実、いか、うなぎ 海老、帆立貝、昆布、かき、たい、ムール貝、豚肉、ラム、卵、枸杞子、何首烏、 五味子、肉桂、杜仲、蓮子など。

気を補う作用のある食材

  温補、補腎に含まれるものもが多い
  日本の冬は乾燥もするので潤燥作用のあるものも考えに入れておくと良い。 大豆、空豆、豆腐、ほうれん草、クレソン、木耳、くわい、梨、リンゴ、アーモンド、 ピーナッツ、百合根、杏仁、オリーブ、豚肉、白魚、ツバメの巣、牛乳、バター、 卵、蜂蜜、ゴマ油、白ゴマなど。

梅雨    湿度の高い季節、体も重くなりがち
五臓  脾

  冬から春と季節の変わり、一番体調を崩しやすい時期のあと、雨の日が増え湿度も高くなる季節です。脾の働きは一番湿邪に影響されやすく、湿邪におかされると、頭が重い、口が粘る、みぞおちのつかえ、むくみ、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、軟便、体が重い、おりもの貧血などの症状が出やすくなります。痰もたまり、湿は下にたまりやすい性質があるので、気分も落ち込みやすく、思い悩みやすくなってしまうこともあります。
脾に湿がたまらないように、健脾作用のある食材、利尿、利湿作用のある食材をとるようにしましょう。停滞性があるので気のめぐりをよくする行気作用のある食材を一 緒に摂取すると、より効果的です。

利尿利湿作用のある食材

  赤小豆、黒豆、緑豆、とうもろこし、すいか、ぶどう、冬瓜、きゅうり、金針菜、なす、セロリ、キーウィ、白菜、牛蒡、えんどう豆、空豆、もやし、青梗菜、レタス、あさり、しじみ、海藻類、鴨肉、鯉、鮒、鱧、緑茶、伏令、薏苡仁、車前子など

健脾作用のある食材

  梗米、扁豆(ふじ豆)、とうもろこし、人参、山芋、柚子、南瓜、大棗、いちじく、鴨肉、 栗、山楂子、麦芽、莱服子など。

行気作用のある食材

  蕎麦、キャベツ、春菊、玉葱、葱、にら、生菱、にんにく、ういきょう、紫蘇、レイシ、仏手柑、大根(熟)、ピーマン、らっきょう、陣皮など。
  湿熱の場合は、清熱の食品も摂取したい。
寒湿の場合(冷たいものなどを飲みすぎ)は、温中作用のある食品を摂取したい。