2018年12月4日

居るだけで足が軽くなった奇跡

先日、御年92歳のレディがお庭へお越しくださいました。
とてもご縁のある方で、ご来店時のご相談があり、今回、
ご優待券でのご来店の内容を少し検討させていただき、介添人の方の同伴で、トリートメント中心ではなく、お庭でゆったりと養生するひとときを提供させていただきました。90分がとても短く感じられるひとときでしたが、お客さまは終始
「冥土の土産じゃ~」とおっしゃりくつろがれておりました。
何よりも驚いたことがあったので皆さまに、(許可を得て)シェアしたいと思い書かせてもらっております。


それは、「脚がとても楽になったこと」です。


Facebookの記事にお写真をあげておりますが、当庭はバリアフリーでは無い為、
お玄関の階段がとても急であり、ひと足、ひと足、介添えをしてもらいながら
ゆっくりでないと上がれなかったお客様。しかし、お帰りの際に、私なんだか脚が
とても軽いとおっしゃられて、一人で歩きたいと申されまして、私はとっさに
カメラを回した次第だったのです。ご覧ください。
スタスタと階段を降りられているではないですか!!!
以前にも、レストラン当時に、そのような体感をされたお客様がいらっしゃった
ことを聞いていたので、実際にこの目で拝見することで、ここのお庭には、科学的根拠はございませんが、その様な癒しの作用が起こっているとしたら幸いだなあと感じたことでした。

すべてのスケールの大きさに帰宅後、想像を絶したと語られたそうです。こんなにお喜びになられたこと、そのやりとりができたこと、何より心が快活に元気になられたことがとてもとても私の歓びとなりました。
すべての方にそのような効果があるという事実はございません。これはお庭での
その方その方の、ちいさな物語が紡がれたなかの瞬間のできごとです。
それでも、こんなに素敵なひとときを紡がれた内面の輝きをここに
観ることで、人々の中にお庭にて感化されるなにかが産まれることを
共有したいとおもい載せました。

感謝