庭園の紹介

  築庭から四百有余年。土佐が沸騰した幕末、明治の熱き時代を越え、今はただ、静かに悠久の時がめぐるこの庭はかの龍馬初恋の人といわれる平井加尾ゆかりの庭です。
  その自然やたたずまいが一つになった土佐養生膳。土佐の地の恵み、時分の美味をいただきながら滋養が身体に染みわたっていくのがわかります。それぞれの季節ごとに、身体をやさしく整える食事とともに、水晶を敷きつめた清浄な氣満ちる庭をゆっくりとめぐりながら、身も心も癒していただく至福のひととき。そこには一・六トンもある巨大な水晶アースキーパークリスタルが存在しています。パワースポットとしての秘めたる物語も。
  食べて、巡って、癒されて。それは庭をめぐる三つのものがたり。土佐養生膳[加尾の庭]。
加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭 加尾の庭