2019年8月16日

満月の遠隔グループセッション

本日、執り行われる毎月の遠隔セッションですが、舟越氏より

皆様へ向けた、Pchan通信より抜粋して、内容をご紹介したいと思います。さあ、本日も10時より遠隔を執り行いますね。

どうぞよろしくお願いいたします。

(^o^)丿こんにちはー!

『アースキーパークリスタル協会』
&アルカンシエルの舟越康浩です、


昨日からお盆休みの人も多いと思います。

ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪


10日から連休を取られている方は
穏やかなお休みをお過ごしでしょう♪


今日は、お盆休みも、なか日 (^0^)/

ただ、今年のお盆は台風の影響もあり
「波乱のお盆」になりそうですね (;゚∀゚)

今日、明日で移動される方は
どうか、細心の注意をお払いください。


また「波乱のお盆」という意味では
今年のお盆は、際立って!!
“先祖のエネルギー”が強いです。

(´・∀・`) アラ


平成から令和に元号も変わり、
新天皇の即位儀礼を前にして
ご先祖様も多く帰ってきているから?

その辺り、まだ確証を得ていませんが…


ご先祖様、家族、血のつながりという
キーワードで、オーラの反応があり
多くの人が影響を受けているようです!


今年のお盆は、大型連休でもあり
離れていた家族の再会もあるでしょう。

見えない世界では、あちらの世界へ
離れていた家族との再会もあります。


不思議な偶然のめぐり合わせ、ですが!

明日、お盆最終日、終戦記念日に
日本、僕たちは満月を迎えます(*゚▽゚)ノ


今、毎月、満月の日に
加尾の庭のMeetaと二人体制で
遠隔の覚醒セッションを行っています。


こちらです
↓↓↓↓↓
------------------------------------
明後日 8/16(金)満月の翌日開催!

アースキーパークリスタル
“Pちゃん”の前でコラボ開催する!!
遠隔アチューメントグループセッション

⇒ https://pro.form-mailer.jp/fms/58a5682f172466

※今回、モニター価格での特別開催です。
※Youtube による1ヶ月間のフォローサポート付!
------------------------------------


その中で、僕はプログラムとして

参加者全員に共通する集合意識から
意識を目覚めさせる前世チャネリング

という担当をしています(*'▽'*)


参加者全員の無意識の領域の
深く、高い場所にある集合意識から
全員に共通する前世の波動をキャッチして!

リーディング&チャネリングをして
最高の人生に出会うための
『メッセージ』をお伝えするんです (^0^)/


先月のセッションを開催したときにも
家族との関係、特に両親との関係の
大切さを伝えてくれる物語を
前世のオーラから紡いでいきました。


今日は、満月の日の前日、
つまり、8月14日の今日まで!!

有効な、前世の物語について
特別に、みなさまとシェアします。


お盆でご多用な方もいらっしゃるでしょう。

少し、落ち着いたときに
ご覧になってみてください (∩´∀`)∩

□■━━━━━
■ 7月の前世チャネリング&リーディング
□■━━━━━


今回の集合意識が導いてくれたのは
みなさまのそれぞれの前世ではなく

また、参加者の誰かの前世でもなく

今回の参加者の皆様に共通して
今、知っておくとよい影響を
与えてもらえるための前世、でした。

どこの誰かもわからない人の前世。

しかし、ある1人の一生の物語から
学び、気づきを得ながら、
よき影響を受ける7月をお過ごしください。


************


舞台は、西暦1532年くらいの
南アメリカ大陸でのお話。

ペルーの山間地に住む、
5歳の女の子が主人公の前世の物語。

夕焼けの迫ってくる時間、
生き物たちが1日の終わりへの準備を始め、
植物たちが休息へと入る呼吸を始める頃、

空は澄んで美しく、
日中の忙しさから夜の穏やかさへと移り変わっていました。


主人公の女の子も、家路への道のりを
少し小走りに急いで帰っています。

街の石畳、石壁の道から、
だんだん町外れの草が生えた道へと景色も変わり、
ついに、自分の家が見えてきました。

女の子の気持ちも高まり、
少しペースも足早になっていきます。

家の前にはお母さんが待っていて、
家の煙突からは煙が登っています。

お母さんは、娘が帰るのを心待ちにして、
夕ご飯の支度をしながら待っていたようです。


「おかあさーーーーん」


女の子が大きな声を出して、お母さんを呼びます。

お母さんも手を振って応えてくれています。

女の子は一生懸命、最後の力を振り絞って走り出し、
お母さんの元へとたどり着きました。

お母さんは女の子を受け止めるように、抱きしめます。


「おかえり」


「おかあさん、ただいまー」


お母さんは、もう一度、ギュッと抱きしめて、
自分の娘の無事の帰宅を喜びます。

女の子は、お母さんが抱きしめてくれることにホッと安心し、
緊張から解き放たれたように、力が一気に緩んでリラックスをしていきました。

女の子は、お母さんに持って帰ってきたトウモロコシを2本、渡しました。

お母さんはそれを受け取り、ありがとうと伝え、娘と一緒に家の中に入りました。


家の中に入って、お母さんは女の子の話を聞きます。

トウモロコシ2本を買って帰ってくるまでの幼い子どもの冒険談は、
お母さんには成長を感じさせる喜びの物語でした。

その話を聞きながら、女の子が持って帰ってきた
トウモロコシを使って、夕ご飯の支度を進めます。

女の子も嬉しそうに話を伝え、体全身を使って、
お母さんもそれを同じように喜びを感じながら、聴いて、わかちあいました。

少し経つと、家のドアがキイっと音を立てて開きました。

女の子のお父さんが、仕事から家に帰ってきたようです。

女の子は走って玄関まで出迎えに行き、お父さんに飛びつきました。


「おとうさん、おかえりー」


「ただいまー」


そうして、女の子はリビングへとお父さんを連れて行きました。

お父さんが帰ってくるタイミングで、夕ご飯が始まります。

みんなで席について、女の子が持って帰ってきたトウモロコシの料理を囲み
この日1日の1番の家族の団欒である夕ご飯が始まりました。

いただきます、とみんなで食に感謝をし、美味しいご飯を食べながら
女の子の1日の冒険談を、体全体使って表現をし、お父さん、お母さんに伝えます。

お父さん、お母さんも、笑って微笑んで、女の子の話に耳を傾けます。
3人家族、みんなが仲良く、楽しく、明るく、元気で、ニコニコしています。

そうして、夜も深まり、3人で寝室へと移り、川の字になって寝る準備をし、
1日の最後に並んで眠りにつくことに、女の子はこの上ない幸せを感じるのでした。


それから、時はながれ、、、

女の子は両親の愛の中で育まれながら女性へと成長し、
17歳の青春時代を迎えました。

彼女が住む村では、時折、村同士の交流が行われます。

お祭りのように、村同士が集まって、
火を囲んで、伝統衣装を身にまとい、
歌を歌い、踊りを踊り、夜をみんなでわかちあうような時間を持つのです。

みんなで輪になって、歌ったり、踊ったりしながら、
飲食をし、豊かさをわかちあい、幸せな時間を共有し、
共栄のための和を築くような集まりだったようです。

なにか特別な神事のようなものでもなく、
なにか特別な収穫を祝うものでもなく、
年中行事や祭祀でもない、
それは本当に、ただただ喜びをみんなで表現をする場のようなもので、
そうすることで交流が生まれていく、
大事なお祭りだったようです。

彼女も、この輪の中に入り、楽しく歌ったり、
楽しく踊ったりすることが大好きだったようです。


あるお祭りの日の夜、彼女は1人の青年から声をかけられます。

その青年はとても美しい顔立ちをしていて、
心優しく、彼女をエスコートするようなとても紳士的な男性でした。

踊りも一緒に踊り、彼女の歌を聴くことが、なによりも好きな男性は、
この祭での縁を通して彼女のことが気になっていたようです。

彼女と男性がお互いに惹かれ合うのに、時間は要りませんでした。

なにかの理屈やなにかの考えが優先されたわけではなく、
自然の流れに身を任せるように、
彼女と男性は出会い、縁を深めて、そして結ばれていきました。


そうして、彼女も男性との家庭を築き、1人の女の子を授かりました。

なかなか子どもに恵まれない年月を過ぎていたようでしたが、
27歳のときに初めて、自分の子どもを授かることができて、無事出産ができたようです。

彼女は待ちに待った自分の娘を、大切に、大切に育てていました。

まるで、神から授かった神の化身のように、
神から預かりし尊い存在として、自分の子どもを育てていたのです。

そのため、彼女にとって育てることは神と接するような気持ちがあり、
それは、自分が自分の母親に愛を持って育ててもらった道を、
辿るような感覚があったようです。

記憶にはなくても、不思議と自然と歌える子守唄。

新しく覚えたわけでもないのに、子どもが喜んで笑顔になる方法など、
それらをいつの間にか、自分も知らない無意識のうちに、
母親から授けてもらっていたことに、彼女は子育ての中で気づいていきます。

そして、子守唄を歌う中で、自分たち民族のこと、村の歴史など、
受け継がれてきた大切なことが歌の中に込められて口伝で残っていることにも気づくのです。

その時、彼女は自分と自分の旦那様が出会った村同士のお祭りのことを思い出します。

特になにかあるわけではなく、なにか特別なことが起きたわけでもなく、
神事のような祭祀でもなく、ただただ自分たちの喜びを表現するあのお祭りの中にも、
歌って踊るという時間の中で、いつの間にか受け継がれていることがあるのだと、
自分のこれまで積み重ねてきたことを思い出しながら、そう思うのでした。

言葉の音の凄さ、言霊という言葉に込められている不思議な力が歌を通して、
自分の子どもに伝えられているというつながり、
それが絆になっていくという家族関係の大切さ、
それらを、自分も歌いながら自分の娘に残していこう!と
彼女は自分のお母さんから、お母さんはお母さんのお母さんから、
そうして代々自分のご先祖様、次へ次へ、と受け継いできたことの素晴らしさに感謝をして、そう思うのでした。


そんな子育てをする彼女を、見つめる40代くらいの女性が、彼女のそばにいてくれています。

それは、彼女のお母さんであり、彼女自身の姿でもありました。

彼女は年老いて、彼女の娘が今度はお母さんになり、また娘を産んでいるのです。

彼女にとっては孫娘になります。自分の娘と孫娘を見ながら、
自分と自分の娘との記憶が自分の目の前に浮かんできたのです。

それは、自分のお母さんが自分に対してみている景色と同じだった、ということに、晩年彼女は気づくのです。

人が受け継いできた暮らしの知恵が、
人の生活や営みが、母から子、子から孫へとしっかりと、
それもいつの間にか伝わっていく、伝わっている。。。


晩年、彼女は“家”というコミュニティーの
素晴らしさ、偉大さ、尊さをよくよく理解していきました。

“家”の中には、家族間のかけがえのない愛があることに。

そして、それは男性ではなく、女性が柱となっていることで、
1本の柱を1つの世代がどんどん接木をするように、
頑丈に、それも続いていくようにしていることを…


彼女は“家”というコミュニティーの中で、愛の偉大さを悟り、
そして愛の中で人生を自由に生き切るということができました。


そうして、彼女は愛に包まれながら、自分自身の一生を終えて行きました。


************

□■━━━━━
■ この【前世の物語】からのメッセージ
□■━━━━━


この前世では、最小のコミュニティーが“家”というものの中にあって、
すべてのあなたの軸や価値観が家の中で育まれ、
その結果、大きく拡がっていくことを
一人の女性の物語からメッセージとして、あなたに伝えたかったようです。


主人公の彼女は、とても愛にあふれた人物でした。

それは、あたたかい家庭で育まれ、
優しい環境で育ったことがとても大きな影響を与えたものだと思います。

そして、自分が家庭を築くときも、そういう環境を受け継いで、育てて作ったのです。

親、兄弟姉妹、子、甥っ子姪っ子、家族のつながりは、
本来あなたの人生をより大きく羽ばたかせるための素晴らしいものです。

大事にされていらっしゃいますか?


今、この前世の女性のように、親子のことを振り返り、
見直すことで、あなたの中でも大きな前進、大きな飛躍へとこれからつながっていきます。


また、自分の子どものことを神から預かり、
光へとちゃんと還していくための存在、神の化身と同意とみて、
神に接するように子育てをしていたことは、
言葉のパワーに気づくことができた最大の要因であったことでしょう。


人はあなたの鏡です。

相手に接すること、発する言葉が鏡を通して
あなたへとそのまま返ってくることになります。


言葉に意識が宿ること。

この女性が気をつけていたように、
言葉をギフトのように届けると人生も向上するようです。


集合意識から、追加のメッセージが届いています。

あなたの中にある女性性を再び解き放つときがやってきているようです。

女性としての幸せ、女性としての生き方、女性としての喜びについて体験し、
あなたの中にある女性性の心や魂に触れることで、
愛や優しさにさらに目覚めていきます。

すべてのベースは“家”にあるようです。

家の振り返り、母からもらっていた愛に、
もう一度、思い出し、触れることで開放されていきます。


************


いかがでしたでしょうか??

満月のセッションのときには
こういう、ある1人の過去に生きた
人生の物語からメッセージを伝えています。

今回、7月17日~8月14日までの
満月から満月の間の期間に
有効なお話を、特別に公開しました (^0^)/

この期間『家族』がテーマに
日々、出来事のあった方も多いと思います。


お盆、という時間の中で、
もう一度、家族を想い、先祖を偲ぶ。

そういう時間を持ってみませんか??


昨日、妻との会話の中で、、、

ご先祖様の中で、報われていない、
そんな人もいるような気がする、という
今まで考えもしなかった話題になりました。

(´・∀・`) アラ

確かに、1人で生きて亡くなられた、
そういうご先祖様、
ご先祖様の一族の方もいるでしょう。


令和の時代、いろいろな“おかげさま”に
スポットが当てられるといいですね(*゚▽゚)ノ


ステキな家族の時間、お盆の時間を
どうか、お過ごしくださいませm(_ _)m


○満月●
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ “Pちゃん”の前で開催をする! ■
遠隔アチューメントグループセッション
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

人類の意識の変容を促すといわれている
伝説のクリスタルの前でコラボで行う!
遠隔伝授&グループセッションを行います。

この遠隔アチューメントセッションでは、
太陽と地球と月が一直線に並ぶ満月の日に
あなたの真の自分、魂を目覚めさせて
意識の変革をさせていくことを目的にしています。

次の満月の日には、あなたの生まれ変わりと
目覚める日にしていきましょう!!


▼詳細・参加申込はコチラ▼
https://pro.form-mailer.jp/fms/58a5682f172466


■ 講師:Meeta & 舟越 康浩

■ 日時:8/16(金)
    満月の日の翌日に開催!
 
■ 参加費:2019年年内申込 15,000円(税込)
     一般で40,000円以上の価値の内容です。

 さらに!!
 満月の遠隔グループセッションでは、
 翌月の満月まで、期間限定アフターフォロー付
 ※YoutubeのURLをセッション翌日以降、連絡します。


▼お問い合わせはこちらから▼
アースキーパークリスタル協会 事務局宛
TEL:088-882-1081
E-Mail:funakoshi@earthkeepercrystal.com

●新月○
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ “Pちゃん”の波動と共鳴する! ■
遠隔アチューメントグループセッション
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

世界で、まだ2体しか出現していない!
伝説のクリスタルの波動と共鳴する
遠隔伝授&グループセッションを行います。

この遠隔アチューメントセッションでは、
アースキーパークリスタル“Pちゃん”の波動で
人の内に眠っている神性にアクセスします。

人が持っている意識や思考を変容させたり、
本来持つパワーを喚起させたりすることができます。


▼詳細・参加申込はコチラ▼
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ef83de98388422


■ 講師:舟越 康浩
  ゲスト:マヤ暦アドバイザー えりこ

■ 日時:9/29(日)
 
■ 参加費:2019年年内申込 5,000円(税込)
     一般で10,800円以上の内容です。

  その他、追加オプションメニューもあり!
  ・Pちゃんアチューメントクリスタルボール
  ・ホピの神話に書かれている叡智の回路
  ・今月のマヤ暦に基づいた個別診断シート!


▼お問い合わせはこちらから▼
アースキーパークリスタル協会 事務局宛
TEL:088-882-1081
E-Mail:funakoshi@earthkeepercrystal.com

====================

それでは、今日はこの辺で (*´∀`*)

▼Webでご予約はこちら▼
Webで予約

▼電話でご予約はこちら▼
088-882-1081