トップ画像

7月 文月
  気温が高く、湿気が残るこの季節は、身体の水分調節がしにくく、
  精神も不安定になりがちです。
  水分代謝を活発にし、身体の熱を冷ます食材で負担を軽減しましょう。
  また、暑さで失った水分や体力を補う食材をバランス良く摂り入れ、
  夏に向けて調節していきましょう

前菜

前菜
   長芋ソーメン
   オクラ入りだし巻き玉子
   リュウキュウとたくわんの酢物
   長芋には、湿気で弱った胃を癒す効果があります。
   梅雨の間に溜め込んだ疲労は、オクラやリュウキュウで
   解消しましょう。
   また、免疫力が落ちやすい季節です。お酢で食欲を増進させて
   栄養を蓄えましょう。

スープ

スープ
   トウモロコシの髭入りポタージュ ※冷製スープ
   トウモロコシや髭は、水分代謝を良くして体内の毒素を排出して
   くれます。

サラダ

サラダ
   ズッキーニと蛸の夏風サラダ バルサミコの香り
   蛸は、気を養い身体の働きを正常にしてくれるので、
   疲労回復に効果的です。

魚料理

魚料理
   長太郎貝のオイル焼き バジルソース
   暑さで免疫力が落ち、夏風邪を引きやすくなります。
   長太郎貝で免疫力を高め、バジルの爽やかな香りで気の巡りを
   良くし、食材のもつ栄養を全身へ行き渡らせましょう。

※長太郎貝の収穫が不安定な為、食材の変更があります。ご了承下さい

肉料理

肉料理
   土佐あかうしのいろいろ香味がけ
   牛肉はビタミンが多く、疲労回復や体力増強に効果的です。
   陰と陽のバランスが乱れると気の巡りが悪くなり、ストレスや
   精神不安などの症状が現れます。
   香りの良い様々な香味が、気の巡りを整えます。

揚げ物

揚げ物
   海老とクラッカーのはさみ揚げ 生麩と東寺あん
   海老は、細胞を活性化させて、身体の老化を防ぎます。
   生麩には、肌を作る栄養素が豊富に含まれており、
   美肌づくりに効果的です。

ご飯

ご飯
   四万十鰻と黒米ご飯 お吸い物 香物
   汗と一緒に気も流してしまい、ダルさを感じやすい時期です。
   鰻で、肝や腎の働きを助けましょう。
   肝や腎の働きが活発になる事で、湿度による身体のダルさを
   取り除き、スタミナをつけてくれます。

デザート

デザート
   高知産メロンのブランマンジェ
   身体の熱を冷まし、イライラした気分を落ち着かせる
   効果があります。
   喉の渇きを抑え、身体に潤いを与えるのでこれから暑くなる季節に
   おすすめの果物です。
   ※食材の都合で料理内容が変わる場合がございます。

前菜

前菜
   長芋ソーメン
   オクラ入りだし巻き玉子
   リュウキュウとたくわんの酢物
   長芋には、湿気で弱った胃を癒す効果があります。
   梅雨の間に溜め込んだ疲労は、オクラやリュウキュウで
   解消しましょう。
   また、免疫力が落ちやすい季節です。お酢で食欲を増進させて
   栄養を蓄えましょう。

スープ

スープ
   トウモロコシの髭入りポタージュ ※冷製スープ
   トウモロコシや髭は、水分代謝を良くして体内の毒素を排出して
   くれます。

魚料理

魚料理
   長太郎貝のオイル焼き バジルソース
   暑さで免疫力が落ち、夏風邪を引きやすくなります。
   長太郎貝で免疫力を高め、バジルの爽やかな香りで気の巡りを
   良くし、食材のもつ栄養を全身へ行き渡らせましょう。

   ※長太郎貝の収穫が不安定な為、食材の変更があります。ご了承下さい
   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

肉料理

肉料理
   四万十鶏のいろいろ香味がけ
   優しく気と血を補う鶏肉で、体力をつけましょう。
   陰と陽のバランスが乱れると気の巡りが悪くなり、ストレスや
   精神不安などの症状が現れます。
   香りの良い様々な香味が、気の巡りを整えます。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

揚げ物

揚げ物
   海老とクラッカーのはさみ揚げ 生麩と東寺あん
   海老は、細胞を活性化させて、身体の老化を防ぎます。
   生麩には、肌を作る栄養素が豊富に含まれており、
   美肌づくりに効果的です。

ご飯

ご飯
   四万十鰻と黒米ご飯 お吸い物 香物
   汗と一緒に気も流してしまい、ダルさを感じやすい時期です。
   鰻で、肝や腎の働きを助けましょう。
   肝や腎の働きが活発になる事で、湿度による身体のダルさを
   取り除き、スタミナをつけてくれます。

デザート

デザート
   高知産メロンのブランマンジェ
   身体の熱を冷まし、イライラした気分を落ち着かせる
   効果があります。
   喉の渇きを抑え、身体に潤いを与えるのでこれから暑くなる季節に
   おすすめの果物です。
   ※食材の都合で料理内容が変わる場合がございます。

旬の野菜には不思議と、その時期に必要な栄養素が豊富に含まれています。
立春を過ぎると「陽」の気が高まり、活発的になります。
冬の間に溜め込んだ疲労や毒素を排出する旬の野菜で、スッキリとした身体をつくりましょう。

    独活の甘酢漬け ・アスパラガスのお浸し ・新じゃが芋万頭 焼き海苔あん

    フルーツトマトのスープ

    小夏と新生姜のサラダ

    旬野菜のオードブル 茄子赤ワインソース

    春野菜のかき揚げ茶漬け 香物

    高知産苺のムース カモミールジュレ


    ※大変申し訳ございませんが「野菜コース」は当日予約はお受けできません。 お手数ではございますが、3日前には御予約下さい。
    尚、予約状況によってはお受けできない可能性があります。
    ※動物性のダシを使用しております。 完全なベジタリアンコースではありません。ご了承下さいませ。

  • 土佐の柑橘(かんきつ) 小夏(こなつ)ジュース
  • 和製(わせい)グレープフルーツ ばんかんジュース
  • 土佐山(とさやま)ジンジャーエール
  • 有機農法(ゆうきのうほう)コーヒー、紅茶
   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • アサヒ熟選(じゅくせん)ビール
  • 有機農法(ゆうきのうほう)ビール(山梨県)
  • アサヒドライゼロ(ノンアルコール)
   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • 土佐鶴(とさづる) アジュール(日本酒) 
    酒蔵:土佐鶴酒造(とさつるしゅぞう)

  • 南純米酒(みなみじゅんまいしゅ)(日本酒)
    酒蔵:南酒造場(みなみしゅぞうじょう)

  • 美丈夫(びじょうふ) しゅわっ!!(日本酒)
    酒蔵:浜川商店(はまかわしょうてん)

  • ダバダ火振り(ひぶり)(栗焼酎)
    酒蔵:無手無冠(むてむか)

  • 竜馬(りょうま) (麦焼酎)
    酒蔵:菊水酒造(きくすいしゅぞう)

   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • シャトー・ド・ベル(フランス/白ワイン)
  • クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン(フランス/白ワイン)
  • サン・ジェスト・ア・レンテナーノ(イタリア/赤ワイン)
  • フィリップ・パカレ/ジュブレ・シャンブルタン(フランス/赤ワイン)
   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • 梵日本の翼(ぼんにほんつばさ)
    純米大吟醸(じゅんまいだいぎんじょう)
    政府専用機、初となる正式機内酒

  • 亀泉酒造(かめいずみしゅぞう)
    CEL-(セル-)24

  • アリサワ酒造
    文佳人(ぶんかじん) 純米酒

   ※ その他、いろいろ取り揃えております