トップ画像

5月 皐月
  春になり動き始めた身体に疲れが出てくる季節です。
  血と気を補い、肝機能を高めて必要な栄養素を吸収しやすくしましょう。
  又、立夏を過ぎると梅雨が近づいてきます。湿気に弱い消化器官を守る食材を摂りいれましょう。
  

前菜

前菜
   空豆真砂子和え おたのしみカナッペ
   オクラとミニトマトのお浸し
   フキと新牛蒡とパプリカの金比羅
   春は風の影響を受けやすくなります。
   風邪(ふうじゃ)が入り込み、花粉症や気持ちが落ち着かない
   など様々な不調が現れます。
   解毒作用に優れ、かぜ予防に効果的な牛蒡やパプリカを
   摂りこみましょう。
   オクラや空豆は、疲労回復に有効です。
   
   ※漢方では「風邪=ふうじゃ」とは、病気の原因のうちの一つで、
   体内を縦横無尽に走り回る性質を持っている邪気のことをいいま
   す。

スープ

スープ
   アスパラガスのポタージュ
   アスパラガスは湿気に弱い消化器を保護し、身体にこもった熱を
   取り除きます。

サラダ

サラダ
   初カツオの生春巻き 白ワインと胡麻ドレッシング
   カツオは腎の働きを助け、溜めこんだ毒素を排出して
   すっきりとした身体をつくりましょう。

魚料理

魚料理
   春キャベツと高知産まとう鯛の香り焼き 銀あん
   感情機能を調節する肝が弱まる時期です。
   心を落ち着かせ、気の巡りを整える春野菜でストレスを
   溜めこまいなようにしましょう。
   鯛で活力と免疫力を補って下さい。

肉料理

肉料理
   土佐あかうしのソテー 新玉葱のシャリアピンソース
   新玉ねぎには血液中の不要物を無くし、流れを正常にします。
   栄養を全身に通し、疲れを癒しましょう。
   脳と筋肉を活性化させる牛肉で、身体に力をつけましょう。

揚げ物

揚げ物
   海老と大葉の東寺揚げ 高知産黒藻塩
   温かな陽気が差し込みますが、風が陰の気を運びます。
   陽の食材である海老で身体を温め、寒さからくる不調を
   遠ざける大葉でかぜ予防をしましょう。

ご飯

ご飯
   新生姜と四万十青さのりのご飯  お味噌汁 香物
   生姜や青さのりは、皮膚や粘膜を健康に保ち、美肌に効果的です。

デザート

デザート
   高知産フルーツトマトのコンポート グレープフルーツソース
   トマトやグレープフルーツは潤いを与え、基礎代謝を
   高めてくれます。
   解毒作用があるので、肌荒れを改善します。
   ※食材の都合で料理内容が変わる場合がございます。

前菜

前菜
   空豆真砂子和え おたのしみカナッペ
   オクラとミニトマトのお浸し
   フキと新牛蒡とパプリカの金比羅
   春は風の影響を受けやすくなります。
   風邪(ふうじゃ)が入り込み、花粉症や気持ちが落ち着かない
   など様々な不調が現れます。
   解毒作用に優れ、かぜ予防に効果的な牛蒡やパプリカを
   摂りこみましょう。
   オクラや空豆は、疲労回復に有効です。
   
   ※漢方では「風邪=ふうじゃ」とは、病気の原因のうちの一つで、
   体内を縦横無尽に走り回る性質を持っている邪気のことをいいま
   す。

スープ

スープ
   アスパラガスのポタージュ
   アスパラガスは湿気に弱い消化器を保護し、身体にこもった熱を
   取り除きます。

魚料理

魚料理
   春キャベツと高知産まとう鯛の香り焼き 銀あん
   感情機能を調節する肝が弱まる時期です。
   心を落ち着かせ、気の巡りを整える春野菜でストレスを
   溜めこまいなようにしましょう。
   鯛で活力と免疫力を補って下さい。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

肉料理
   四万十鶏の新玉葱のシャリアピンソース
   新玉ねぎには血液中の不要物を無くし、流れを正常にします。
   栄養を全身に通し、疲れを癒しましょう。鶏肉で元気と気を補い、
   身体に力をつけましょう。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

揚げ物

揚げ物
   海老と大葉の東寺揚げ 高知産黒藻塩
   温かな陽気が差し込みますが、風が陰の気を運びます。
   陽の食材である海老で身体を温め、寒さからくる不調を
   遠ざける大葉でかぜ予防をしましょう。

ご飯

ご飯
   新生姜と四万十青さのりのご飯  お味噌汁 香物
   生姜や青さのりは、皮膚や粘膜を健康に保ち、美肌に効果的です。

デザート

デザート
   高知産フルーツトマトのコンポート グレープフルーツソース
   トマトやグレープフルーツは潤いを与え、基礎代謝を
   高めてくれます。
   解毒作用があるので、肌荒れを改善します。
   ※食材の都合で料理内容が変わる場合がございます。

旬の野菜には不思議と、その時期に必要な栄養素が豊富に含まれています。
立春を過ぎると「陽」の気が高まり、活発的になります。
冬の間に溜め込んだ疲労や毒素を排出する旬の野菜で、スッキリとした身体をつくりましょう。

    独活の甘酢漬け ・アスパラガスのお浸し ・新じゃが芋万頭 焼き海苔あん

    フルーツトマトのスープ

    小夏と新生姜のサラダ

    旬野菜のオードブル 茄子赤ワインソース

    春野菜のかき揚げ茶漬け 香物

    高知産苺のムース カモミールジュレ


    ※大変申し訳ございませんが「野菜コース」は当日予約はお受けできません。 お手数ではございますが、3日前には御予約下さい。
    尚、予約状況によってはお受けできない可能性があります。
    ※動物性のダシを使用しております。 完全なベジタリアンコースではありません。ご了承下さいませ。

  • 土佐の柑橘(かんきつ) 小夏(こなつ)ジュース
  • 和製(わせい)グレープフルーツ ばんかんジュース
  • 土佐山(とさやま)ジンジャーエール
  • 有機農法(ゆうきのうほう)コーヒー、紅茶
   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • アサヒ熟選(じゅくせん)ビール
  • 有機農法(ゆうきのうほう)ビール(山梨県)
  • アサヒドライゼロ(ノンアルコール)
   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • 土佐鶴(とさづる) アジュール(日本酒) 
    酒蔵:土佐鶴酒造(とさつるしゅぞう)

  • 南純米酒(みなみじゅんまいしゅ)(日本酒)
    酒蔵:南酒造場(みなみしゅぞうじょう)

  • 美丈夫(びじょうふ) しゅわっ!!(日本酒)
    酒蔵:浜川商店(はまかわしょうてん)

  • ダバダ火振り(ひぶり)(栗焼酎)
    酒蔵:無手無冠(むてむか)

  • 竜馬(りょうま) (麦焼酎)
    酒蔵:菊水酒造(きくすいしゅぞう)

   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • シャトー・ド・ベル(フランス/白ワイン)
  • クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン(フランス/白ワイン)
  • サン・ジェスト・ア・レンテナーノ(イタリア/赤ワイン)
  • フィリップ・パカレ/ジュブレ・シャンブルタン(フランス/赤ワイン)
   ※ その他、いろいろ取り揃えております
  • 梵日本の翼(ぼんにほんつばさ)
    純米大吟醸(じゅんまいだいぎんじょう)
    政府専用機、初となる正式機内酒

  • 亀泉酒造(かめいずみしゅぞう)
    CEL-(セル-)24

  • アリサワ酒造
    文佳人(ぶんかじん) 純米酒

   ※ その他、いろいろ取り揃えております