トップ画像

春~陽気がたかまる季節~

    寒い冬から、温かい春になるので、いままでギュッと寒さでしまっていた身体が緩み、動き出す季節です(代謝も活発になる)
          → 肝の働きが活発に動き出す
    春一番の温かい風が吹きます。
          → 温かい風が、気をのぼらせる。精神的にも不安定になりがち。

5月
  活発に動き出した身体に疲れが出てくる頃です。
  また、精神的にも疲れが出て不安定になりがちです。
  肝の働きを整え、陰と血を補い、心と身体に元気を取り戻しましょう。
  そして、水分代謝を促し、湿度の高い梅雨に備えましょう。

前菜

前菜
   うすい豆と三つ葉の白和え
   じゃが芋バジル
   高知産トマトゼリー
   さわやかな三つ葉やバジルの香りが、体と心を鎮めます。
   精神的な疲れや継続的な疲労改善におすすめです。
   トマトは血の巡りを良くし、消化を助けてくれます。
   うすい豆は水分代謝を促す効果があります。

スープ

スープ
   地の恵み 地物アスパラガスのスープ
   疲れを癒すアスパラガスと新玉葱を使ったスープです。
   アスパラガスは美肌にも良く、水分代謝も促します。

サラダ

サラダ
   きびなご 小夏 からし菜のサラダ
   DHAが豊富なきびなごと、新陳代謝や細胞を活性化させる葉酸を
   多く含むからし菜を、さっぱりと旬の小夏でお召し上がりください。

魚料理

魚料理
   鰆のわかめソース
   鰆は体力をつけ、血の巡りを良くする働きがあります。
   老廃物の排出を促してくれるわかめで磯の香りもお楽しみください。

肉料理

肉料理
   土佐あかうしの赤ワイン椎茸ソース
   椎茸の旨みが気を補い、抵抗力をつけてくれます。
   気と血を補う牛肉で疲れた身体に活力を補いましょう。

揚げ物
   きくらげとホタテの飛竜頭 酢立・山葵
   血液に栄養を与え、粘膜の働きを高めるきくらげ。
   滋養強壮や酸化防効果的なホタテ。どちらも胃腸の働きを良くし、
   消化を助けてくれます。

食事
   あさりと新茶のご飯 独活(ウド)のお吸い物 香の物
   消化を促す新茶(緑茶)のご飯で、初夏の香りをお楽しみください。
   あさりと独活(ウド)は、肝に働きかけ、体調を整えてくれます。

デザート
   土佐風ムース・オ・シトロン
   高知県産のレモンと土佐ジローの卵を使ったソースのデザート
   です。柑橘の香りが気の巡りを整え、卵が陰を補いバランスを
   整えてくれます。

前菜

前菜
   うすい豆と三つ葉の白和え
   じゃが芋バジル
   高知産トマトゼリー
   さわやかな三つ葉やバジルの香りが、体と心を鎮めます。
   精神的な疲れや継続的な疲労改善におすすめです。
   トマトは血の巡りを良くし、消化を助けてくれます。
   うすい豆は水分代謝を促す効果があります。

スープ

スープ
   地の恵み 地物アスパラガスのスープ
   疲れを癒すアスパラガスと新玉葱を使ったスープです。
   アスパラガスは美肌にも良く、水分代謝も促します。

魚料理

魚料理
   鰆のわかめソース
   鰆は体力をつけ、血の巡りを良くする働きがあります。
   老廃物の排出を促してくれるわかめで磯の香りもお楽しみください。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

 

肉料理
   土佐あかうしローストビーフ 赤ワイン椎茸ソース
   椎茸の旨みが気を補い、抵抗力をつけてくれます。
   気と血を補う牛肉で疲れた身体に活力を補いましょう。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

揚げ物
   きくらげとホタテの飛竜頭 酢立・山葵
   血液に栄養を与え、粘膜の働きを高めるきくらげ。
   滋養強壮や酸化防効果的なホタテ。どちらも胃腸の働きを良くし、
   消化を助けてくれます。

食事
   あさりと新茶のご飯 独活(ウド)のお吸い物 香の物
   消化を促す新茶(緑茶)のご飯で、初夏の香りをお楽しみください。
   あさりと独活(ウド)は、肝に働きかけ、体調を整えてくれます。

デザート
   土佐風ムース・オ・シトロン
   高知県産のレモンと土佐ジローの卵を使ったソースのデザート
   です。柑橘の香りが気の巡りを整え、卵が陰を補いバランスを
   整えてくれます。

盛り付け等は変更することもございます。