トップ画像

1周年 感謝サービス期間 3月11日~4月30日

春~陽気がたかまる季節~

    寒い冬から、温かい春にむかい、いままでギュッと寒さでしまっていた身体が緩み、動き出す季節です(代謝も活発になる)
          → 肝の働きが活発に動き出す
    春一番の温かい風が吹きます。
          → 温かい風が、気をのぼらせる。精神的にも不安定になりがち。

4月
  三寒四温という気候が続き、体調の変化も激しい時です。
  寒い日は身体が冷え、暖かい日は陽気が高まったりと、気持ちも落ち着かず、体も緩み、
  力が入らなかったりします。
  収斂(しゅうれん)作用のある酸味、陽気とのバランスをとるために陰を補う食材、肝の働きを整える
  食材を上手に取り入れ、気候と体のバランスを整えましょう。

前菜

前菜
   蕪の桜風味
   蛤と筍のレモンオリーブオイル
   セロリのかつおまぶし
   肝の働きを整える蛤やセロリを使った前菜です。
   蛤は毒素を排出し、むくみやのぼせなどを緩和してくれます。
   セロリ特有の香りは不安や緊張を和らげる作用があります。
   蕪は体を温めて五臓の働きを円滑にします。

スープ

スープ
   フルーツトマトのスープ
   血の熱を冷まし、巡りを良くするトマト。
   胃の働きを正常にし、消化を助けてくれます。

サラダ

サラダ
   土佐文旦と紅芯大根のサラダ キヌア入り
   土佐文旦の香りが気分を和らげてくれます。
   穀物のキヌアは低カロリーで必須アミノ酸を多く含み、
   食物繊維やカルシウム、ミネラルも豊富な食材です。

魚料理

魚料理
   春見鯛桜蒸し 旬野菜添え
   春になり体が動き出し、疲れが出てくるときに、鯛が元気を
   取り戻すお手伝いをしてくれます。

肉料理

肉料理
   土佐あかうし よもぎソース
   牛肉は血と気を補います。よもぎは牛肉の効果を高め、
   ホルモンの分泌を促し、冷え性や肩こりなどの症状改善にも
   おすすめです。

揚げ物
   筍・青さ海苔・海老の天ぷら
   春を代表する食材の筍。胃腸を丈夫にし、豊富な食物繊維で消化を
   促進してくれます。

食事
   桜ごはん・吸い物・漬物
   桜は風邪の邪気を飛ばしてくれます。香りに含まれる成分には
   リラックス効果や抗菌作用もあります。

デザート
   桜のジュレ 苺ソース
   気のめぐりを良くし、さわやかな春の気分にしてくれます。

前菜

前菜
   蕪の桜風味
   蛤と筍のレモンオリーブオイル
   セロリのかつおまぶし
   肝の働きを整える蛤やセロリを使った前菜です。
   蛤は毒素を排出し、むくみやのぼせなどを緩和してくれます。
   セロリ特有の香りは不安や緊張を和らげる作用があります。
   蕪は体を温めて五臓の働きを円滑にします。

スープ

スープ
   フルーツトマトのスープ
   血の熱を冷まし、巡りを良くするトマト。
   胃の働きを正常にし、消化を助けてくれます。

魚料理

魚料理
   春見鯛桜蒸し 旬野菜添え
   春になり体が動き出し、疲れが出てくるときに、鯛が元気を
   取り戻すお手伝いをしてくれます。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

 

肉料理
   四万十鶏のステーキ
   鶏肉が優しく元気をつけてくれます。よもぎは鶏肉の効果を高め、
   ホルモンの分泌を促し、冷え性や肩こりなどの症状改善にも
   おすすめです。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

揚げ物
   筍・青さ海苔・海老の天ぷら
   春を代表する食材の筍。胃腸を丈夫にし、豊富な食物繊維で消化を
   促進してくれます。

食事
   桜ごはん・吸い物・漬物
   桜は風邪の邪気を飛ばしてくれます。香りに含まれる成分には
   リラックス効果や抗菌作用もあります。

デザート
   桜のジュレ 苺ソース
   気のめぐりを良くし、さわやかな春の気分にしてくれます。

盛り付け等は変更することもございます。