トップ画像

春~陽気がたかまる季節~

    寒い冬から、温かい春にむかい、いままでギュッと寒さでしまっていた身体が緩み、動き出す季節です(代謝も活発になる)
          → 肝の働きが活発に動き出す
    春一番の温かい風が吹きます。
          → 温かい風が、気をのぼらせる。精神的にも不安定になりがち。

2月
  立春を迎えると、気候は春に向かっており、体も春の動きになり、肝の働きが活発になってきます。
  春は、解毒の作用のある山菜の季節でもあります。
  老廃物を上手にリセットし、よりスッキリした体を作りましょう。

前菜

前菜
   カリフラワーの梅酢漬け
   いたどり炒め煮
   蛤の木の芽焼き
   身体が動き出す季節のお手伝いをする、食材を前菜にいたしました
   カリフラワーは、消化を促し、蛤は、肝に働きかけ、体の老廃物の排出を促してくれます。
   カリフラワーは、胃腸の調子を調えるキャべジンの元となったキャベツの親戚です。
   春になり、陽気が高まってくるこの季節。陰を補って身体のバランスを取るのに良いのが、蛤です。

スープ

スープ
   玉葱と青さのりのスープ
   玉葱の甘味を楽しみながら、気と血のめぐりをよくしてください。
   玉葱とお水、お米だけで作った使スープ、青のりの香りを付けました。

サラダ

サラダ
   菜の花とジャガイモのサラダ
   菜の花は、肝に働きかけ、身体に春が来たことを知らせてくれる野菜です。解毒の作用、血のめぐりを良くしてくれる作用があります。
   椎茸には、肌をきれいにする作用もあるといわれています。

魚料理

魚料理
   鰆の西京焼き芹添え
   旬の鰆は、脂がのり身体に元気をつけます。セリ、セロリ、クレソンなどセリ科食物は、肝に働きかけ、イライラなども鎮めます。
   

肉料理

肉料理
   はちきん地鶏の黒酢煮
   身体に優しく元気をつけてくれる鶏肉を、血のめぐりを良くし、身体を温める黒酢でやわらかく煮ました。
   黒酢は、血のめぐりを良くし、体を温めます。また、体のコリもほぐして くれます。

揚げ物
   雲子の蕪あんかけ 三つ葉たっぷり添え
   蕪は、五臓の働きを整えて、体を温めます。三つ葉もせり科なので、肝に働きます。
   ※雲子…タラの白子

ごはん

ご飯
   大根ご飯
   体にたまった老廃物の排出を促す、香りの良い青のりたっぷりのご飯です。

デザート
   ポンカンゼリー、葛桜
   消化を促す柑橘類の美味しい季節です。
   春を感じる葛桜もお楽しみください。

前菜

前菜
   カリフラワーの梅酢漬け
   いたどり炒め煮
   蛤の木の芽焼き
   身体が動き出す季節のお手伝いをする、食材を前菜にいたしました
   カリフラワーは、消化を促し、蛤は、肝に働きかけ、体の老廃物の排出を促してくれます。
   カリフラワーは、胃腸の調子を調えるキャべジンの元となったキャベツの親戚です。
   春になり、陽気が高まってくるこの季節。陰を補って身体のバランスを取るのに良いのが、蛤です。

スープ

スープ
   玉葱と青さのりのスープ
   玉葱の甘味を楽しみながら、気と血のめぐりをよくしてください。
   玉葱とお水、お米だけで作った使スープ、青のりの香りを付けました。

魚料理

魚料理
   鰆の西京焼き芹添え
   旬の鰆は、脂がのり身体に元気をつけます。セリ、セロリ、クレソンなどセリ科食物は、肝に働きかけ、イライラなども鎮めます。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

肉料理

肉料理
   はちきん地鶏の黒酢煮
   身体に優しく元気をつけてくれる鶏肉を、血のめぐりを良くし、身体を温める黒酢でやわらかく煮ました。
   黒酢は、血のめぐりを良くし、体を温めます。また、体のコリもほぐしてくれます。

   ※「魚料理」「肉料理」のどちらかをお選びください

揚げ物
   雲子の蕪あんかけ 三つ葉たっぷり添え
   蕪は、五臓の働きを整えて、体を温めます。三つ葉もせり科なので、肝に働きます。
   ※雲子…タラの白子

ごはん

ご飯
   大根ご飯
   体にたまった老廃物の排出を促す、香りの良い青のりたっぷりのご飯です。

デザート
   ポンカンゼリー、葛桜
   消化を促す柑橘類の美味しい季節です。
   春を感じる葛桜もお楽しみください。

盛り付け等は変更することもございます。