秋    ~大気が乾燥~

    大気が乾燥してくる
          → 乾燥を嫌う肺を傷つけやすい
          → 乾燥による風邪にかかりやすい
          → 肌の乾燥しやすい

9月
  秋の初めは、残暑により、体がまだまだ熱されていることがあります。身体に熱さが残っていると、更に乾燥しやすくなります。
  傷つきやすい肺に潤いを与え、体の熱を冷ましてくれるような食材を取りながら、風邪やお肌の乾燥から予防しましょう。
  また、反対に秋の長雨、水分の取り過ぎで、体が重くなってしまう事もあります。
  夏の疲れを癒し、体の状態に合わせて、上手に旬の食材を楽しみましょう。

前菜

前菜 3品
   梨と柿の白和え (松の実入り)
   舞茸エリンギのレーズン炒め
   土佐ジローのたたき染めおろし
   梨、柿ともに、体の熱を冷まし、肺を潤わせ、和え衣に入っている松の実も、乾燥からまもってくれます。
血も身体の潤いです。血を養ってくれるレーズンと、身体に元気をつけ舞茸が、夏に疲れた体を癒します。

   肺の活動により、気が体にめぐり、血や必要な水分を一緒に体にめぐらせてくれてます。肺の働きが、お肌の潤いにも関係します。
また、大気が乾燥していれば、外からの乾燥からも影響を受け、直接肌を乾燥しやすくなります。ダブルで襲ってきます。

   この季節まだ暑さも残り、体も熱されてまま過してしまうと、潤いによって守られている肺、肌を傷つけてしまい、喉の痛みなどから始まる風邪、お肌の乾燥、便秘などになりやすくなります。

 

地の恵みスープ
   西山金時のポタージュ
   胃腸を丈夫にし、腸に潤いを与え、通りをよくしてくれるスープです。

お腹にガスがたまりやすい方にはあまり、むきませんが、腸に潤いを与えることにより、便通も良くなり、便秘よぼうにもなります。 また、肺の熱を冷まし、体の水分補給となる豆乳も加えてあります。

春菊・薄揚げ・菊花のサラダ 白髪葱添え

サラダ
   春菊・薄揚げ・菊花のサラダ 白髪葱添え
   肺に潤いを与える春菊を主にしたサラダです。白髪ねぎは、肺の働きを補います。

地魚とらっきょうの焼きもの

魚料理
   地魚とらっきょうの焼きもの(松葉串、バルサミコ・カレー)
   らっきょうは、肺に働き、消化も助けます。

土佐赤牛の胡麻味噌焼き

肉料理
   土佐赤牛の胡麻味噌焼き
   夏の疲れを癒し、体力を補う牛肉と季節の野菜をたっぷり添えました。
   付け合わせの野菜は、胃腸を丈夫にし、元気をつけてくれます。

名残鱧と四万十栗の包み揚げ トリュフ塩を添えて

揚げ物
   名残鱧と四万十栗の包み揚げ トリュフ塩を添えて
   秋の長雨で、体が重く冷えた時に、お勧めです。

 

ご飯・香の物・お吸い物
   四万十とうなぎ黒米・吸い物
   底力をつけて、夏の疲れを飛ばす、松の実も入った炊き込みご飯です。
   黒米を多くいれているため、色はグロテスクですが、黒色は腎の働きを補い、若返りにお勧めです。

 

デザート
   無花果と銀耳のスープ
   美肌効果がとても期待できるデザートです。イチジクは、体液を生みだし、肺を乾燥から守り、そして、喉も守ってくれます。
白きくらげは、体をみずみずしく、胃の調子も整えます。
   特に白きくらげは、美肌に効果抜群です。無花果は、二日酔いにも良いとされています。

前菜

前菜 3品
   梨と柿の白和え (松の実入り)
   舞茸エリンギのレーズン炒め
   土佐赤牛のたたき染めおろし
   梨、柿ともに、体の熱を冷まし、肺を潤わせ、和え衣に入っている松の実も、乾燥からまもってくれます。
血も身体の潤いです。血を養ってくれるレーズンと、身体に元気をつけ舞茸が、夏に疲れた体を癒します。

   肺の活動により、気が体にめぐり、血や必要な水分を一緒に体にめぐらせてくれてます。肺の働きが、お肌の潤いにも関係します。
また、大気が乾燥していれば、外からの乾燥からも影響を受け、直接肌を乾燥しやすくなります。ダブルで襲ってきます。

   この季節まだ暑さも残り、体も熱されてまま過してしまうと、潤いによって守られている肺、肌を傷つけてしまい、喉の痛みなどから始まる風邪、お肌の乾燥、便秘などになりやすくなります。

 

地の恵みスープ
   西山金時のポタージュ
   胃腸を丈夫にし、腸に潤いを与え、通りをよくしてくれるスープです。

お腹にガスがたまりやすい方にはあまり、むきませんが、腸に潤いを与えることにより、便通も良くなり、便秘よぼうにもなります。 また、肺の熱を冷まし、体の水分補給となる豆乳も加えてあります。

地魚とらっきょうの焼きもの

魚料理
   地魚とらっきょうの焼きもの(松葉串、バルサミコ・カレー)
   らっきょうは、肺に働き、消化も助けます。

「地魚とらっきょうの焼きもの」「美鮮豚の胡麻味噌焼き」のどちらかをお選びください。

 

肉料理
   美鮮豚の胡麻味噌焼き
   夏の疲れを癒し、体に潤いを補う豚肉の味噌漬けと季節の野菜をたっぷり添えました。
   付け合わせのかぼちゃなどは、胃腸を丈夫にし、元気をつけてくれます。

「地魚とらっきょうの焼きもの」「美鮮豚の胡麻味噌焼き」のどちらかをお選びください。

名残鱧と四万十栗の包み揚げ トリュフ塩を添えて

揚げ物
   名残鱧と四万十栗の包み揚げ トリュフ塩を添えて
   秋の長雨で、体が重く冷えた時に、お勧めです。

 

ご飯・香の物・お吸い物
   四万十とうなぎ黒米・吸い物
   底力をつけて、夏の疲れを飛ばす、松の実も入った炊き込みご飯です。
   黒米を多くいれているため、色はグロテスクですが、黒色は腎の働きを補い、若返りにお勧めです。

 

デザート
   無花果と銀耳のスープ
   美肌効果がとても期待できるデザートです。イチジクは、体液を生みだし、肺を乾燥から守り、そして、喉も守ってくれます。
白きくらげは、体をみずみずしく、胃の調子も整えます。
   特に白きくらげは、美肌に効果抜群です。無花果は、二日酔いにも良いとされています。