2019年6月23日

あたらしい試み

~満月の遠隔グループセッションを終えて~

6月17日射手座の満月は珍しいストロベリームーンでした。その日から、マヤ暦では、緑の城マトリックスのスタートを切る日でもありました。かねてより、アースキーパークリスタルPちゃん御前にて遠隔によるセッションをされているアルカンシエルの舟越さんとコラボさせていただく機会に恵まれ、満月のMeetaの新しい試みがスタート致しました。

私自身、遠隔ヒーリング歴は長いですが、1体1によるものでしたし、チャンティングにおいても10年近くなりますが、クリスタルボウルのサウンドヒーリングと融合させた試みは、ここ加尾の庭で始動している新しい試みです。感覚的なものを言語化することが苦手なので、説明するよりも先に、舟越さんにこの一連の融合したセッションを受けてもらいました。その際も、虹と鳳凰がおでましになり、私がやろうとしていることへの深い理解と気づきを舟越さんが体感してくださり、お墨付きをいただいたので、世に発信してゆく流れとなりました。そのプロセスの中で、丁寧に言葉に起こす作業を少しづつではありますが、整えてこられたように思います。

コラボすることのメリットは、観ている互いのヴィジョンをシェアをすることで、共通認識のポイントからより各々の気づきの質が高まることにあります。そして補えることも相乗効果を生みます。また、互いのヴィジョンを理解し、イメージすることで、自身の拡がりが増えてゆくことにあります。

私たちの新しい試みの満月の一日は、空には終始、虹🌈の日輪がおでましになり、応援してくれていました。

 

このような事象を目の当たりにしながら、ただただ参加者の皆様に対し、丁寧に遠隔を執り行い

すべての事象のエネルギーをまとったものをお届けできることが何よりうれしかったです。

当日のその瞬間まで、こうやるってゆうのは決めていませんでしたが、私の過去世からのやり方なのでしょうねwww。

祭壇が必要なのは。。。白いお花は、加尾の庭のものにしたかったので、ユリではなくアジサイにしました。

(このような時、天からの計らいでお客様からもたらされている場合はそれを使用します。これは私にとってものすごくLuckなことですが。。。)

そして、キャンドルを灯し続けること、ハートチャクラをオープンにするお香をセレクトして炊き込めました。

今回はレインスティックも、ティンシャも使用しました。

個別にしっかりとチャンティングを施したのちに、クリスタルボウルの共鳴から気づいたことを書き記しました。

お客様の詳細をヘブライ語におとしたものを土佐和紙に筆ペンで記す。それはキャンドルの灯りで以て最終的に昇華、つまり

燃やします。この一連のプロセスも毎回インスピレーションで以て決めています。(決めるという表現よりは流れてゆく感じです)

チャクラ診断もそれぞれのチャクラに対応しているクリスタルボウルによって可能に。

FAXのように、いつどこにいても、受け取ることができる遠隔グループセッションだからこそ

内容は常に常に丁寧に丁寧に丁寧に執り行いました。

天使の召喚後の青空には

美しい神秘十字の雲とその下には🌈のアークが見守ってくれておりました。

 

感謝、感激、感性、

 

ありがとうございました。Meeta


人気ブログランキング

▼Webでご予約はこちら▼
Webで予約

▼電話でご予約はこちら▼
088-882-1081