2019年1月8日

Yesのサイン

昨年末に、來の森からお榊を調達し、お年度最後のお礼参りに
氏神様へとご挨拶に行きました。
特にこの日だと決めていたわけではなかったけれど
その日は、門戸を開けると、社長がしめ縄をつけようと
バッタリ遭遇したので、一つ目のYESを頂いたと感じました。

次に、ここ加尾の庭は氏神様が2社あるのですが、頭から
一つの神社に行こうとしていた私。。。出かける前に、
予定していなかった方の神社へと、(以前予定していた神社で遭遇した)
園児たちが歩いている姿にでくわしたのです。そこで、「共に参れよ」の
メッセージであると、はたと気づいた私は二つ目のYESを頂いたと感じました。
そこで、お榊を2セット準備して、しきりなおして出かけることにしました。

神社に着くと、氏子のおじ様たちがワイワイ賑やかに、掃除と新年の準備をしていました。ちょうど、榊を入れ替えてらっしゃるタイミングで3つ目のYESをもらった私は、神主さんにお声がけも悪いと思ったので、お参りを済ませると、氏子の方にお榊を一緒にお祭りしてくださいと一声かけて、そそくさとその場を後にしようとしたんです。
すると、神主さんは、お忙しいにもかかわらず事の一部始終をみてくださっていたんですよね。足早に帰ろうとするわたしめがけて
「もしもし~この榊は?いただけるんですかね?」と声をかけてくださったんです。
一礼すると、「まあまあ、ありがとうございます」と返答くださいました。

わたしは、あぁ氏神様に気持ちが届いてよかった~と心があったかくなりました。
この氏神様は名前に「三」がつく所なので、とても良き日にて仕事納めすることが
できました。
氏神さまは、土地神さまなので、來の森、加尾の庭に育つお榊は、本来、氏神さまの
ものであるということになります。私は、感謝の意を込めて、ここに育つ植物で以て
参り、ここで生業をさせてもらえておることに理と御礼に参るのです。きっと、氏神様はお榊を観て、あそこのものか・・・と容易にわかってくださることでしょう。

心を尽くして参るということをわたしなりに解釈をして参った次第ですが
最後の神主さんのお声がけが答えだと受け止め2018年の素敵な締めくくりとなった
エピソードをここに記します。

Meeta

▼Webでご予約はこちら▼
Webで予約

▼電話でご予約はこちら▼
088-882-1081